Workshop

第12回講演会と会員の交流会

  • 日時: 2018年8月26日(日曜日)13:30~(開場13:00)
  • 場所: 中軽井沢区民会館(中軽井沢17-1) 中軽井沢駅から徒歩4分 ※駐車場:狩野公園
  • 参加費: 会員¥500、一般¥1000、学生無料
  • 主催: 世界遺産信州軽井沢倶楽部
  • 後援: 特定非営利活動法人世界遺産アカデミー、一般社団法人日本旅行作家協会、世界遺産研究会

講演会参加の申込み・入会の申込み・お問い合わせは下記のいずれの方法で可能です。

Ⅰ 講演の部 13:30~15:45

トラベルジャーナリストが語るトルコの世界遺産「トロイ遺跡と木馬」

講師: 沖島 博美 (おきしま ひろみ)

(社)日本旅行作家協会会員。ドイツ語圏を対象に、書籍、ウェブ、カルチャースクールなどで各町の歴史・文化を紹介し続けている。主な著書に『イスタンブール・西北トルコ』『ベルリン/ドレスデン』日経BP社など、ほか多数。

トロイの木馬で有名なトロイ遺跡は北西トルコのエーゲ海近くにあり、世界遺産登録20年を記念して博物館を建設中。伝説とされていたトロイがドイツ人のシュリーマンによって発掘されて明らかになった。10年に及ぶトロイ戦争は何故起こり、どの様に終わったのか。近くにはベルリンのペルガモン博物館で有名なベルガモン遺跡もあり、同時に訪れるなら興味深い世界遺産の旅となります。 

トロイ遺跡の入口にあるトロイの木馬

鉄道紀行の第一人者がご案内する「ドイツ鉄道DB(デーベー)で一周する世界遺産

講師: 野田 隆 (のだ たかし)

(社)日本旅行作家協会会員。鉄道旅行の魅力、楽しみ方を書籍、雑誌、web、講演、放送などで発信している。著書「シニア鉄道旅のすすめ」(平凡社新書、2018年8月刊)、「列車で巡るドイツ一周世界遺産の旅」(角川書店、2005年)など、21冊。

ドイツ鉄道(DB)の旅を楽しみながら、フランクフルトを起点に、ライン河、ケルン大聖堂、リューベックの旧市街、ポツダムの宮殿と庭園、ベルリンの博物館島、バンベルクの旧市街、ヴュルツブルクのレジデンツへと、ドイツを時計回りに一周してフランクフルトへ戻る、世界遺産の旅にご案内します。

ベルリン博物館とドイツ鉄道DB=Deutsche Behn AG

Ⅱ 会員交流会 16:00~17:00 

会員の方々と歓談、親睦を図る交流会をお楽しみ下さい

inserted by FC2 system